妻に浮気の兆候があるときどうする夫?

エビデンスが手薄な状態で、ママの情事を意見してペケになった場合紹介。

音声録音機へ収録した姦夫と嫁さんの情事の声。

嫁さんの状態が前と違ってきて、音声録音機をポーチに付けたりしておきました。

後で確かめてみると、奸夫と性行為している声が聴こえてきました。

これは明白なエビデンスだと思って嫁はんに問い立てると、姦淫を承認しました。

妻が浮気の事実をねじ曲げた

にも拘わらず、いざ間男へ慰謝料催促をしようとしたら、突として主張を曲げてしまったのです。

宿泊施設へは自分ひとりで泊り、男と一緒ではないと。

そのような言い逃れはまかり通るはずがないと思いましたが、弁護士にコンサルテーションしてもらってみても、なんと言ってもラブホテルに二人で入っている所をカメラで撮影するなど資料として残しておかないと、賠償面で確然たる姦通の明確な証拠と見なされないとの返答。